読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Endorphin

Spurs,競馬,麻雀

最近の競馬とスパーズ

天皇賞・秋はモーリス号が久しぶりに離陸。スローからのトップスピード戦で乗ってるのがライアン・ムーア御大だと、そりゃあそうなるよっていう。自分はアンビシャスから入って絶望の4着。出負けは想定内だったけど、もう1列前のポジションが欲しかった。ノリちゃんが完璧に内捌いた時は痺れたけど、ちょっと間に合わなかったなあ。メチャクチャ良い馬だと思うのだけれど、陣営が気性面に神経質になりすぎて上手くいってない印象が強い。次はどこ使ってくるんだろう。マイル短縮は無条件で買うけど、やっぱり気性面で不安あるから、まだその手は使わず来年の大阪杯を目指す感じかな。G1勝つなら乗り役はルメールよりノリちゃんの方が良いと思う。

リアルスティールは先々が楽しみになる結果というか、ちょっと噛んではいたけど、あの折り合いなら延長でも面白い。矢作先生もジャパンカップ行きを匂わすコメントをしていたし、そうなって欲しい。祐一は折り合いが難しいからワンターンの方が良いと言っていたのだけれど、菊花賞の内容を見る限り自分はそうは思えなくて、後半要素に良い武器を持ってるから距離は延ばした方が良いと思う。それこそ春は天皇賞・春から宝塚記念を使って欲しい馬。毎日王冠使わなかった分、余裕がありそうだし、この後はジャパンカップ有馬記念と使って欲しい。タイプとしてミルコはかなり合っていると思うので、この先もミルコとのコンビで見たい。


JBCは今年も盛況だったみたいで良かった。個人的な予想はレディスクラシック◎タマノブリュネット、スプリント◎コーリンベリー、クラシック◎コパノリッキーでダメダメ。でもクラシックは見応えある良いレースだった。ホッコータルマエが逃げるくらいの勢いでスタートから出していったのが良かった感。あれでコパノリッキーが外3になって、アウォーディーが終始コパノリッキーにプレッシャー掛ける展開になったのが面白いレースになった要因だと思う。アウォーディーは鞍上が天才だったのもあるが、相当強かった。川崎みたいな急コーナーのコースだと隙があるかなと思ってたけど、ここも勝たれてしまうと、しばらく交流重賞で無双してくるだろうなあ。おそらく来年のドバイワールドカップを目指すのだろうけど、1回でいいから欧州の芝でも見てみたい。
JBCが終わると毎年思うけど、国営でもジャパンカップの日にこういうお祭りやって欲しいよね。JRAは2歳重賞とG1増やしたり、有馬記念を28日開催にしたりする前にやることあるんじゃないかな…。



競馬の話はこのぐらいにして、最近のスパーズについて。
アウェイでのキングス戦は内容的には負け試合だったと思う。キングスのディフェンスが非常に粘り強くて、カズンズに無双されるという。カズンズはあまりに幼稚だから好きな選手ではないけど、ポストアップからのゴリ押しもできて、アウトサイドからのドライブも鋭いという、本当に稀有な選手だと思う。このカズンズと4Q後半でマッチアップしたデッドモンのディフェンスが本当に良かった。シーズン前からデッドモンにはかなり期待していたけど、この試合を見て期待以上だと思った。特にディフェンス時のフットワークが素晴らしい。リムプロテクターでありながらスイッチしてアウトサイドに引っ張り出されても、しっかり付いていける脚力は特別なものを持ってると思う。ただ、逆に付いていけてしまうがゆえにファウルがかさんでしまうのが今の弱点ではあるかな。ガソルだったらファウルもできないだろうし(笑) デッドモンはそこを克服できれば、かなりのディフェンダーになれると思う。オフェンスでの連携も上手く取れてこれれば、シーズン中にガソルを食ってのスタメン抜擢があっても驚かない。キングス戦はこのデッドモンと当然のように30点取っていたレナードの活躍が光った勝利だった。

ホーム初戦のペリカンズ戦はディフェンスの的を絞ったら簡単に勝ててしまった。ペリカンズはシューターが足りないなあ。決めるべきシュートを決めたか決められなかったかの差が大きすぎた。ラプロヴィットラは南米産らしい独特のリズムを持った選手で見ていて面白い。何かしてくれるんじゃないか、という雰囲気を醸し出してるよね。

連戦でアウェイのヒート戦もレナードが何とかしちゃったけど、内容的には良くなかった。ドラギッチとタイラージョンソンに切り裂かれまくったディフェンスは不満。この後のジャズ戦でも感じたけど、パーカーはいよいよ限界かなあ。去年と違ってサボっているわけじゃないのに、付いていけないという。その分オフェンスで貢献してくれれば良いのだけれど、それも出来ていないし。開幕から数試合見ている限りだと、今季のクロージングはPGミルズで行くのはほぼ決まっているんだと思うけど、更にスタメンPGがミルズになっても驚けないなあ。レナードがボール持つ時間長くなって、キックアウトも上手くなったから、キャッチ&シュートのできるミルズの方がレナードと相性も良いし。ヒート戦もレナードは気付いたら27点取ってた。知ってはいたけど、もう完全に我々が知っているレナードではなくなっている。

そして直近のホームでのジャズ戦。シューティングの差が大きかったのは確か、それでも1番の敗因は4Qのディフェンス。フッドとJJのウイングにレナード、シモンズ、カイルあたりがべったりディナイして何もやらせなかったのは流石。それを見るとジャズは徹底してジョージ・ヒルのPnR中心のオフェンスをやってきて、文字通りボコボコにされた。嫌みのようにミルズ、パーカーとガソルのラインを狙ってくるんだもん。これは見ていてつらかった。マックにもかなりやられていたので、嫌な予感はしていたけど、これは大きな課題を残したなあと。でも、先々を考えると弱点を思いきり晒されて負けるのは悪くなかったかな。先々の大を取りに行く為には良いやられっぷりだったと思う。オフェンスでもレナードがPnRのハンドラーやってる時にジャズディフェンスがヘッジしてきて、バタバタしちゃっているのを見て「いいぞいいぞ」と思った。ドリブルもパスもだいぶ上手くなったけど、まだまだダブルチームへの対処はあまいので、弱点を突かれて負けたのはレナードのより一層の飛躍にとっては良いこと。
ただ、ここで負けるとは思わなかった。1敗目は次のアウェイでのジャズ戦、連戦でホームでのクリッパーズ戦の内1個負けるかなーと思っていたから、この敗戦自体は意外。明日からのジャズ、クリッパーズとの連戦は山場になったと思う。ジャズは相変わらずパーカー、ミルズとガソルのラインを突いてくるだろうし、クリッパーズはもともとCP3がそういうことしてくるから、しっかり修正できているのか注視したい。それともローテを変えるのか。
ローテと言えば、ダニーが帰ってきたときのバックコートのローテはどうするんだろう。今のところシモンズもカイルもジノビリも悪くないパフォーマンスしてるから甲乙つけがたい。