読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Endorphin

Spurs,競馬,麻雀

スプリンターズSと凱旋門賞に向けて

神戸新聞杯サトノダイヤモンド。ここは楽勝だと思ってたけど案外ミッキーロケットに粘られた感じ。ただ、あのクビ差はどこまで行っても詰まらないようなクビ差だった気もする。ミッキーロケットは春の走りから印打てなかったけど、明らかに強くなっていたしキンカメ産駒には珍しく長距離型の印象。血統的に菊花賞はどうなの?って気もするが、走りとしては面白い物見せてきた。レッドエルディストは菊花賞では全く買うつもりない。来年のダイヤモンドSで待ってる。カフジプリンスには是非出てきて欲しい。速い脚が無くてエンジンの掛かりが遅いタイプだけに噛み合わないと厳しいだろうけど、こういうステイヤーっぽいハーツクライは大好きなので。菊花賞出てこれなくてもシュヴァルグランのようにオリオンSあたりを勝ってもらって来年の阪神大賞典で買いたい。ディーマジェスティサトノダイヤモンドの壁は高いとは思うけど、紛れがある長距離の京都なので、菊花賞はもうちょっと考えたい。
オールカマーゴールドアクター。このレースはあまり言うことない。マリアライトは道悪とかハイパースで先行馬に負荷掛かるレースじゃないと牡馬相手では戦えないことが分かったね。あの5着は自分の力はきっちり出してると思う。馬券的には◎ショウナンバッハは安易だったと反省。

今週末はスプリンターズS凱旋門賞スプリンターズSはかなりメンバーレベル高いと思う。狙ってる馬もいるし楽しみ。凱旋門賞の方は今年から日本でも馬券が買えるわけだけど、日本の競馬と勝手が違う部分が大きくて予想がかなり難しい。とはいえ買うからにはしっかり検討して買いたいので、スプリンターズS凱旋門賞の軽い事前予想をしようと思う。

まずはスプリンターズS。今年は北海道シリーズのレベルが高かったと思う。これはシュウジソルヴェイグブランボヌールの3歳勢の台頭が大きい。スプリンターズSでも通用するレベルの競馬は見せてきたと感じる。去年のスプリンターズSではスプリントG1なのに中盤緩むという異常事態が発生したので今年もペースの決め付けは危険かもしれないけれど、流石にアレはイレギュラーと見て今年も変わらずハイペース想定で予想したい。前日の馬場や当日の天気を考えて、程度は上下させるだろうけど。この想定で予想する上でセントウルSがハイペースになったのは良かった。個人的にはセントウルS組はビッグアーサー以外は消す予定。レースの流れにきっちり乗ったのはビッグアーサースノードラゴンだけで、2列目のラヴァーズポイント以下はスロー~平均ペースで走っていたのは確かなんだけど、それでも最後の1Fでコレと言った決め手を見せてきた馬がいないので、やはりビッグアーサー以外は消す。特にダンスディレクターはやっぱり1400ベターだと思ったし、1200走るにしても京都か中京だろうなと。
北海道シリーズ組だと函館スプリントよりキーンランドCの方がスプリンターズSに繋がるような競馬だった気がする。ペースそのものは函館スプリントの方が流れているんだけど、流れた分だけ逃げ馬がコーナーで緩めて再加速の競馬になっているので、これはあまり繋がらないと思う。キーンランドCは平均ペースに収まってるけど、緩む所なく最後まできっちり走れる力が求められるレースになっていて、これは繋がる競馬だったと思う。直線でトラブルがあったにせよ、ここでソルヴェイグはきっちり飛んでいるわけだし。結論としては北海道シリーズ組だとブランボヌールシュウジを重視したい。
個人的に1番買いたいのはCBC賞をとんでもない脚で差して勝ったレッドファルクス。あのパフォーマンスは圧巻だった。特にラスト1Fの伸びね。あの日の中京はインが強い高速馬場、その中でスロー。それを4角大外ぶん回して勝ったのは価値がある。ラヴァーズポイントもベルカントもあの展開では、なかなか強敵だと思うし。もちろん不安はある。CBC賞のあのペースでもミルコが道中押しながらの追走だったので前半のスピード面は心配。それでも脚を出し切ってくれば、ここでもチャンスだと思わせてくれるパフォーマンスだったことは間違いない。そういうタイプと手の合うミルコって所も良い。ただ内枠だけは引いて欲しくないなー。緑かオレンジあたり希望。
人気しそうな所だと宮記念2着以来のミッキーアイルは弱点の少ない馬ではあるけど、やはり1回どこか使ってきて欲しかった気持ちが強い。その宮記念2着もビッグアーサーには完敗だし、アルビアーノは別にして4着以下もその後は大した走りをしてないことを考えても、重い印は打ちたくない。人気する馬でもあるしね。消しはしないと思うけど。ベルカントはパフォーマンス落としてきてる感じも受けるし、スローバランスで走りたい馬なので買うつもりない。
スプリンターズSに関してはこんな所かな。重視したいのはビッグアーサー、レッドファルクス、ブランボヌールあたり。この中から本命は決めると思う。次点でシュウジミッキーアイルソルヴェイグって感じかな。

次に凱旋門賞。アルマンゾールが予定通りチャンピオンSへ、ラクレッソニエールとマインディング回避ということで看板馬がいなくなった感じは受けるけど例年並みのレベルのレースにはなりそう。ラップを重視して予想する身からしたら、そもそも予想するのが難しいからマカヒキ単勝だけでいいかなとか思ったけど、そういう考えになる人多そうだし単勝だけ異常に売れそうなので、ちゃんと予想して買うことにする。買わないって手もあるけど、せっかくだから買いたいし。まず展開は馬場が重くならなければロンシャンの凱旋門賞と同様にスローからの直線勝負になると思う。ポストポンドは当然有力。ドバイシーマクラシックドゥラメンテがあの展開でそこまで強いとは思わないし、落鉄もあったから物差しとしてはどうかと思うけど、ああいう好位で前受けできてスッと加速できる脚と末脚の持続力がある馬は有利。ただ59.5kgという3歳馬とのハンデ差は重い。現にしばらく3歳の牡馬と牝馬が勝ってきてる。そもそも凱旋門賞のレースコンセプトが種牡馬入りする3歳馬に箔を付けるという意味合いが強いレースだし。ドゥラメンテに勝ってるということもあって人気もするだろうし、あまり本命では買いたくない。ただ3着を外すイメージはあまり湧かないかな。
マカヒキも有力。ニエル賞は前哨戦としては良い競馬だったと思う。ポジション取っても折り合い付いたし、きっちり差し切ってくるあたりも流石。あそこまで超スローで仕掛けも遅いと着差付かないのは当然。気になったのは加速の所が若干モタついたところ。流石に凱旋門賞ではニエル賞ほど仕掛けが遅くならないにせよポストポンドあたりはスッと反応して出し抜いてくるのが上手いので、本番では改善してきて欲しいし、ニエル賞と同様にポジションも取って欲しい。
個人的に買いたいのは愛チャンピオンS組。このレースは馬場も重い中でハイペースになったので、良馬場で距離延長となれば巻き返してきそうな馬が結構いる。その筆頭はやはりハーザンド。愛チャンピオンSは先行してハイペースを前で受けちゃったのがキツかったと思う。距離延長はハマりそうだし、良馬場で施行されれば尚良い条件。3歳牡馬なので斤量も恵まれるというのも良い。同じ愛チャンピオンS組だとニューベイとハイランドリールもヒモとしては一考したい。3歳だとハーザンドと好勝負してきた牡馬のアイダホ、ラクレッソニエールとオークスで好勝負してヴェルメイユ賞勝ってきたレフトハンドあたりかな。ファウンドなんかはあまり買う気しない。
簡単だけど、こんな所。たぶん◎ハーザンドで行くと思う。当然マカヒキに勝ってもらいたいけど。良馬場で施行されて欲しいね。

明日、船橋で行われる日本テレビ盃も楽しみにしてた。長くなったから簡単に。まずアウォーディーは交流G1で暴れまくる資質あると思ってたから、この1戦はかなり楽しみ。しかも船橋が1番合うと思う。大井、川崎はコーナーで緩んでからの直線でもう1回加速って展開になりやすいから、まだ懐疑的。船橋のスパイラルカーブなら3角から仕掛けてもゴール板までの持続戦になりやすいから、ここはシリウスSアンタレスSの競馬っぷりを考えれば信頼できる。地方のダートも問題ない。ということで◎アウォーディー。こちらも南関では船橋ベストだと思ってる○サウンドトゥルーかしわ記念はマイルで上手く前にコントロールされたら当然届かないので度外視。今回もペースは落ち着きそうだけど、強力な先行馬はいないので問題ないだろうと。モーニンは消し。かしわ記念であそこまで行きっぷりが悪かったのは状態面だと思うけど、地方のダートは絶対合ってないし早めに仕掛けが入る船橋も向いてない。コース形態で言えばモーニンは大井とか川崎向きだと思う。ヒモ穴で期待してるのはスリータイタン。この馬は地方のダートも仕掛けが早くなる展開も向いてる。アウォーディーサウンドトゥルーに割って入るまでのポテンシャルは感じないけど面白いと思う。あとは抑えでタイムズアローとハッピースプリントかな。ハッピースプリントは大井、川崎向きだと思うからあまり買いたくないけど。オッズ作れなさそうだったら買わない。

いよいよ本格的に秋競馬が始まった感じ。もう少し馬券の組み方上手くなりたいなあ。NBAもあと1ヶ月で始まるね。今年のスパーズは非常に楽しみにしてる。早く開幕して欲しい。